Twitterで最新情報発信中! ≫

誤った練習してない?! 効率良い呼吸法をマスターしよう!

みんなで作る個人練習Tips
この記事は約2分で読めます。

みなさんこんにちは!編集長です!

ほぼすべての都道府県で緊急事態宣言が解除され、そろそろ学校が再開され始めているところもあると思います。しかしながらまだまだ部活動が再開されていないといった越えを多く聞きます。

そのような中でもお家でできる個人練習Tipsはまだまだ続きます!

本日の投稿はP.N.てつさんからです!

呼吸法の重要さ

こんにちは。てつです。呼吸法の紹介をします。

楽器を演奏するときの呼吸といえば腹式呼吸をイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はそうでもないです。

楽器を演奏する時に腹式呼吸を強くイメ―ジしてしまうと、息の流れが下がってしまい、音色も暗くなります。

体全体でブレスをとる感覚を意識すると、明るい音色になると思います。

おすすめの呼吸法

ここでは音色を明るくするためにおすすめの呼吸法を紹介します。

4拍吸って4拍吐く

テンポは60で4拍吸って4拍吐きます。

この時、息をお腹にためるイメージは絶対にせずに、まっすぐ、喉元を生きが突き抜けて行く感覚を意識しながら呼吸をします。

4拍吸って8拍吐く

こちらも先程と同様に、テンポは60で行います。

8拍吸って8拍吐く

こちらも先程と同様に、テンポは60で行います。

どの練習でも、お腹に行きをためるイメージはせずに、まっすぐ、喉元を生きが突き抜けていく感覚を意識します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。こういうご時世ですが、皆で頑張りましょう。


ということで、P.N.てつさんからの投稿でした!

BrassNetworkでは「みんなで作る個人練習Tips」と題して、みなさんからお家でできる個人練習を募集しています。何かあればライター募集ページもしくはBrassNetwork公式Twitterのダイレクトメッセージまで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました