Twitterで最新情報発信中! ≫

~国境を超えたリモート演奏会×アートで学生に笑顔と希望を~ Harmonize Project

Brass Network 特集記事
この記事は約3分で読めます。

みなさんこんにちは!編集長です!

早速ですが皆さんはこの歌詞を知っていますか?

音楽にはひとつの世界

誰もが理解できる言葉を使い

誰もが楽しさを感じる事ができる

WONDER, STEVIE ”Sir Duke”より和訳
Lyrics ©EMI Music Publishing

この言葉は、スティービーワンダーの「愛するデューク」という曲の和訳詞です。

まさに彼の言葉の通り、音楽は国境を越えるのですね!

本日は素敵な、国境を超えたリモート演奏会プロジェクトをご紹介いたします!

音楽と書道…領域と国境を越えたリモート演奏会

音楽という一つの世界を飛び出し、日本とアメリカという国境を越えた新しい演奏会

「Harmonize Project」

この度第2回のリモート演奏会プロジェクトが始まります!

Harmonize Projectとは?

Harmonize Projectとは前述の通り、国境を越えたリモート演奏会プロジェクトです。第1回の演奏会は大成功に終わっており、この度、第2回の開催となりました!

新型コロナウイルスの影響を受け活躍の場を失った吹奏楽・管弦楽・オーケストラ・軽音部等に所属する日米の中・高・大学生に、新しい活躍の場を創造する為のプロジェクトです!

第1回の動画はこちら⬇

【リモート合奏×アート】学校・場所関係なく全国の中高生が音楽で繋がる 【Harmonize Project】-日本を越えて世界とつながるー 「うちで踊ろう」/日本語

プロジェクト代表者 ROSAさんから

このプロジェクトを運営するLearn & doグループ代表のROSAさんからメッセージを頂戴しております!

全国の中高生の皆さんはじめまして 大学3年のローサと申します。
新型コロナウイルスによって普段の学生生活や活動・発表の機会を失われ様々な辛い想いをされていることと思います。
このHarmonize Projectを通じそんな皆さんと今だからこそ繋がり1つのものを作り上げることによって皆で乗り越ええれればと思っております。
普段の生活が送れないのであれば、普段できないようなことに取り組んでみませんか? 音楽だけでは終わらない音楽×アートで皆さんの演奏がカタチに残ります。ご参加いただく皆様の1つ新たなの挑戦の思い出になる事を祈っております。運営は全てわたしがしているので不安なことがあれば何でも言ってください! このプロジェクトでは、上手い・下手なんて関係ない!楽しんで奏でる音色を待っています。 是非、皆様のご参加おまちしています。

企画に参加したい!

この企画は日本及びアメリカの吹奏管弦楽に所属する中高大学生ならだれでも参加できます。

公式LINEもしくは公式TwitterのDMに「プロジェクトに参加したい」と送るだけで参加できます!

みんなで素晴らしい作品を作り上げていきましょう!!


記事協力:Learn & do代表 ROSA様

コメント

タイトルとURLをコピーしました