Twitterで最新情報発信中! ≫

今こそ苦手を克服! クラリネットおすすめ音階練習

みんなで作る個人練習Tips
この記事は約2分で読めます。

本日はP.N.「クラリネオ」さんからの投稿です!

曲の練習があまりできない今だからこそな、記事になっています!

それではどうぞ!

クラリネットの特徴

By Yamaha Corporation; rotation by  — Chris Woodrich (talk) – File:Yamaha Clarinet YCL-457II-22.tiff, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=56065159

クラリネットという楽器はいろんな管楽器の中でも、音域がかなり広いほうの楽器として有名です!低い音から高い音まで自在に演奏することができます🎵

でも、奏者が楽器を自由自在に操れなくては意味がありません。

音階練習が重要

低い音から高い音まで自在に操ることができるようになるためにも、音階練習は欠かせないと私は考えています😊

音階練習は低い音から高い音までなめらかに上ったり下がったりするため、低音域が苦手とか高音域が苦手とか言う人も音階練習をすれば良くなると思います!

おすすめの音階練習

私は音階練習をする時にアイヒラーという教則本を使っています😃

©2017 株式会社宮地商会 http://miyajimusic.shop-pro.jp/

この教則本は低音から高音まで様々な音域が出てきます。

私は最初の頃はかなりテンポを落としてやっていましたが、今は速いテンポでもできるようになってきました😊

速いテンポだから良いとか言うこともないと思うのでゆっくりでぜんぜん大丈夫だと思います!

皆さんも是非試してみてください!


はい!ということで「クラリネオ」さんの記事でした!下にアイヒラー購入のリンクを張っておきますので、クラリネット奏者の方!ぜひご検討ください!

BrassNetworkでは「みんなで作る個人練習Tips」と題して、みなさんからお家でできる個人練習を募集しています。何かあればライター募集ページもしくはBrassNetwork公式Twitterのダイレクトメッセージまで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました